2005年12月08日

入れ替え戦

ありえない瞬間があるとはよく言ったもので、びっくりしたぞ、あの停電には。

J1・J2入れ替え戦第一戦、舞台は小瀬。
2-1でホーム甲府がリードしてのロスタイム、表示は4分。

スタジアムの興奮は最高潮、テレビの前の僕等も画面を食い入るように見ていた。
1点ビハインド、最後の攻撃を見せる柏、必死に守る甲府。
ドリブルでPA内侵入を図る柏の選手と体を寄せる甲府DFが、もつれあいながら倒れたその瞬間、なんと突然画面が真っ黒に。

( ゚д゚)ハヒッ!?

一瞬、現地カメラのアクシデント?スカパーのアンテナの不調?なんかが頭をよぎったが、何とスタジアム停電。

なんちゅうタイミングじゃ、こりゃしかし…。

結局、30分の中断の後、試合再開。
スコアは動かず甲府が2-1で勝利するも、照明が落ちたのが、ちょうど柏が反撃開始って時間帯だったので、何か後味悪い感じ。

大木監督もインタビューで開口一番、「ホームチームの監督として、柏の選手・サポーターに謝りたい。」と述べられたし、
甲府は運営面で印象を悪くしたなぁと思うがどうか。

まぁ応援してた甲府が勝ってくれて嬉しいんだけどね。

一発かます確率なら、仙台よりも甲府と思ってたし、短期決戦だと甲府のようなチームはやっぱ強い気がする。
福岡のように1点取られたらワタワタって感じじゃない。
倉貫も「うちは点は取れるチームだから〜」って言ってたし、選手も攻撃力には自信持ってるんだろうね。
ああ、(´・ω・`)ウラヤマシス

それと今日の甲府は、いつも以上に気合い入ってる感じやった。
のっけから、90分もつのって位ガンガン走るし、こぼれ球に詰めようと、ゴール前にどんどん人があがってくるし。
最後の近過ぎるFKを死守したのとか、すごいと思った。
柏は去年のこともあって、入れ替え戦自体を甘く見てる気がする。
ヴェルディに勝って大喜びしてる姿を見た時も思ったが、悲壮感が感じられん。
今日ので目が醒めたであろう。

J2舐めんな。

それと、全然関係ないけど、バレーはドラクエにでてくる「うごくせきぞう」に似ている。

甲府にはこの勢いで、柏やっちゃって欲しい。

ていうか、第三者的立場で見ると、入れ替え戦ってホントおもしろいなー。
posted by マッシモ at 00:29| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | その他フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10363349

この記事へのトラックバック

一夜明けて ハーフタイム中
Excerpt: いや〜すごかった。 昨夜の試合は、甲府の歴史に長く伝えられる伝説の一夜になりました。 いろいろなクラブのサポの方々のサッカー系ブログで入れ替え戦の話題が 出てきています。
Weblog: っていうかワシワシです
Tracked: 2005-12-08 15:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。