2006年07月30日

夏休み直前! 3連戦で波に乗れるか?2 vsG大阪

中断期間中、監督交替・FW補強と打てる手は打ったわけが、いまだ「勝ち」という結果がでない川勝アビスパ。
3連戦のラストを飾る今回の相手はガンバ大阪。
強行日程、アウェイで相手はディフェンディングチャンピオンと厳しい試合ですが、今は何が何でも結果が欲しい。
ということで、いつものメンバーと共にバスツアーにて参戦することに。

朝の8時に博多駅を出発し、夕方5時過ぎに万博到着。
スタジアムグルメと言える物は何もないスタジアムで、暑さに耐えつつ試合開始を待つ。

ganba-1.jpg
マスコット好きの僕としてはガンバボーイを写真に収めたかったのだが、デジカメの射程距離外にいたのでうまく撮影ができず残念。

ganba-2.jpg
なぜかアウェイチームにやさしいオーロラビジョン。w

宮本・加地・遠藤、マグノに播戸と名のある武将達が名を連ねる大阪のスタメン。
対する福岡は薮田と久藤が入れ替わったほかは前節と変わらないメンバーでスタート。

開始5分、早々とゴールが生まれる。
G大阪左サイド家長が同じく北京五輪代表候補、我らが中村北斗をドリブルでぶっちぎる。
中へ折り返したボールに播戸が合わせ、簡単にガンバ先制。

いきなりのビハインドが福岡に重くのしかかる。
失点の原因となった北斗を始め、浮き足立った選手達はミスや消極的プレイを連発。
この日もバロンは精彩を欠き、全く起点になれない上、チャンスにもシュートを打たない。
悪い時の福岡の典型であるゴール前でのミニゲームがついに始まり、見てるこっちはブチ切れ。
前半はまるでJ2時代を思い出す本当にクソゲームだった。
安定しているのはホベルト・金古・水谷だけで、この3人がいなかったらもっと失点していたはず。
特に水谷にはビッグセーブ連発で何度も助けられた。

56分、やっとバロンに替えて薮田を投入。
さぁ気持ちを新たに反撃開始と行きたい所だったが、その直後にCKから山口に2点目を決められて2-0
この日のガンバはうちを舐めていたのか、そんなに怖さは感じなかったしミスも多かった。
それに加えてホベルト・金古・水谷のおかげでなんとか1点で耐えてきたのだが、ここで悪夢の追加点。
2点のビハインド、いつもの福岡なら終戦確定のスコア。

しかし、諦めたらそこで試合終了。
誠史に替えて有光が投入され、飯尾と共に果敢に裏のスペースを狙い続ける。
そして訪れた72分、薮田のクロスに飯尾がボレーで合わせ、ついに1点を返す。
難しい体勢からのシュートだったが、うまく枠に持っていった飯尾のテクニックは素晴らしい。
待望の移籍後初ゴールにチビコールが巻き起こる。
その後の80分には惜しくもポストに当ったが、これまた決定的なシュートを放ち、飯尾は存在感を見せつける。

足が止まり始めたガンバに対し、徐々に試合のペースを握り始める福岡。
城後がドリブル突破からシュートを放つなど、チャンスを作り始める。
途中、金古が負傷交替するというアクシデントが発生し、10人で戦うことになるも、飯尾・有光・北斗・城後がガンバゴールに襲いかかる。

そして86分、クロスボールの処理を相手GK藤ヶ谷がミス。
こぼれたボールに詰めたのは、中村北斗。
福岡は土壇場で2-2の同点に追いつく。
試合はそのまま終了。
勝ち点1を手に入れ、順位も16位に返り咲いた。

大盛り上がりのゴール裏、

2点も取ったのはいつ以来だろうか。
先制されて追いついたのはいつ以来だろうか。


試合に勝ったわけではないし、本当はこんな低レベルなことで喜ぶのは、情けないのかもしれないのだけど、今日だけは、諦めずに同点に追いついた選手達を褒めてあげたい。
本当に良くやった。

金古の負傷が気になるし、次節はアレックスが累積で出停。
相手はなぜかJ1での九州ダービーに勝手に鼻息が荒い大分。

この2週間で、もう一度しっかり休んでチームを立て直し、8月の試合に備えて欲しい。
posted by マッシモ at 20:10| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アビスパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21667841

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。