2006年08月14日

J1初の九州ダービーだってさ vs大分

多少、マスコミ関係に無理矢理煽られた感のある大分トリニータとのJ1初の九州ダービーでしたが、両クラブの命運ははっきりと別れることに。

ジャーン、ジャーン(横山三国志風)
バス数十台を始めとして、大挙襲来した大分サポーターは、その数において我が軍を圧倒し、完全なるスタジアムジャックに成功。
レプリカ・グッズ着用率が非常に高い彼等、全軍がきらびやかに統一された青×黄の兵装で博多の森を我が物顔で闊歩。
統一された制服を着用することで、連帯感・威圧感・党への忠誠心が向上することはティターンズを見るまでもなく立証されていることであります。
対する我々は無残に食い尽くされる牛串や塩なんこつ、陵辱されるジョージア娘達を指をくわえて見ているしかないという情けなさ。
そして試合開始前、びっしりと埋まったアウェイ席に誇らしげに掲げられた見事な青×黄のボード。
ああいうマスゲームがさらなる団結心と戦意向上を生み出すことは、某国の中継を見るまでもなく(以下略)
ということで大分にしてみればまさにしてやったり、我が軍は試合開始前から亀田ばりのダウンを喫することになりました。
応援スタイルの違いも何も知らない第三者があの光景を見たときに勝敗の判断をどちらに下すかは言うまでもないでしょう。

しかし応援でやられてもゲームに勝てばいいのです。
そちらの方がはるかに重要。
前節の勢いそのままにホームで川勝アビスパ初勝利見せたれや!と意気込んで臨んだんですけどね。
結果は見るも無残な0-2で見事な敗北。
加えて試合内容でも思いっきり失望させられちゃいました。
あの〜今日で何試合目でしたっけ?監督代えてFW二枚も補強したのに松田時代より弱くなってません?
そして誰かバロンと林の違いを僕に教えて下さい。(彼は確か外国人助っ人ですよね。)

ていうかなぜ万博で機能した有光・飯尾でスタートしないのでしょうか?
なぜああも低パフォーマスの続くバロンにこだわるのでしょうか?
そして掟破りの3バック。
千代と川島の戸惑いっぷりは惨かったし、何度も明らかに数的不利の場面を作られましたよね。
素人目に見ても全く機能してない様に感じたんですが、前任者が構築したうちの強みでもあった守備、そこは無理していじる必要はないのでは。
川勝さん、自分の色を出したいのは分かるけどもそこ以外にもっといじる必要のある所が、代えるべき選手がいるんではないのかと。
あなたは何をしに福岡に来たのか、今は一からチームを作り変えていく時期ではないでしょう。
手遅れになる前にもう一度考え直して下さいよ。

試合終了後のバクスタは茫然自失 、ブーイングする気も起きない人多数。
僕も「情けないぞ〜もう一度やり直せ!」と思わず叫んでしまったよ。
その後も愚痴とため息しかでず、でも気持ちを切り替えて次頑張ろうとしか言えないし、辛いねまったく。
これ以上書く気になりません。

あと挨拶に来た選手達にペットボトルやその他投げ込んだゴル裏の人、もし当たったら確実に選手が怪我します。
頼むからそういうのだけはやめれ。

うんこちんちん。

posted by マッシモ at 01:01| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アビスパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22316464

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。