2006年08月21日

一気に土俵際に追い詰められる VS京都

テルーの唄が僕達を不安にさせる中で行われた裏天王山。
ここを落としたら残留ヤバスという下位同士の負けられない直接対決だったのだが…。

大量得点も大量失点も久し振り。
交互にやって来る歓喜の雄叫びと落胆のため息、両チーム合わせて、この日生まれたゴールは9つ。
ノーガードの打ち合いに勝利したのは、残念ながらアウェイチーム京都だった。
4-5で屈辱の敗戦。

オレは京都が一番すかん。
街も人も柱谷も米田も中払も大嫌い。
特に中払の猿芝居には毎回ウンザリさせられる。
汚いんだよプレイも性根も、そりゃホベルトも怒る。

この日はジャスティスも何が正義かを見失っていたし、線審は明らかな誤審を繰り返していたし、本当にイライラさせられる試合だった。
残留争いのライバルとの直接対決に2度とも破れ、合わせてきっちり勝ち点6を献上。
朝廷への年貢か?うちは京都のお得意様か?
情けないこと、悔しいことこの上なし。

しかし、選手達は最後まで闘ってくれた。
この日は4つものビューティフルゴールが生まれたんだ。

飯尾はこの日も見事な突破からゴールを決め、完全に信頼を勝ち取った。
もう、J2ノーゴーラーとは言わせない。
ありがとう飯尾、これからも頼む!!
何と言ってもFWは点を取るのが仕事だから、きっちりと点を決めてくれさえすれば僕は簡単に手の平を返すぜ。
それだけにもう一人のFWであるバロン…。
誰か彼の錆び付いた足腰にKURE 5-56でもスプレーしてやってくれないか。
相手のパウリーニョは個の力だけで2点を取って、チームを勝利に導いた。
あれこそ外国人助っ人。

2点目はベテラン久藤のミドルがズドンと決まった。
色々なもやもやを吹き飛ばす一撃に気分爽快。
守備でも献身的に動いていた久藤は今期一番の出来だったんじゃないだろうか?

3点目は残念ながらジュニアをトイレに連れて行ってて見逃す。
戻ってくる途中の階段で歓声が聞こえてきて、急いで席に戻ったけど完全に乗り遅れた。
後日、映像で薮田の美ボレーを確認。
ふかさないで良く決めてくれた。

そして4点目、まさにサッカー漫画にでてきそうなゴールだった。
あの時間帯、あの場面でバイシクルを決めるなんて、まるで「キャプテン翼」
周りの女の子の中には涙してる人もいたよ。
城後はすごい。
思い切りの良さは、あれが若さか…。
子供みたいな顔して、どでかい仕事をさらりとやってのけやがる。
この日は北斗とユースケもイイ動きを見せてくれたし、どんなに厳しい状況でもやっぱり若い選手達には希望が持てる。
みんな、これからもオレ達に夢を見させてくれよ。

だがしかし、試合に負けてしまったら、どんなにすばらしいゴールもやっぱり嬉しさ半減だ。
以前の堅守はどこへ?守備は再考しろ。
川島には悪いけど、聡の放出が早くものしかかってきてる。
金古早く帰ってきてくれ。


4点取られても5点取って勝つサッカーはある意味博打。
でも、昨日はそういうサッカーを好む人の気持ちが分かった気がした。
一見さんや子供さんは昨日はたくさんのゴールシーンが見れて楽しかったと思うよ。
ドカンドカンと打ち上げ花火のようなゴール乱舞はたしかに人を狂わせ、一時の熱狂を生む。
でもそれは、一瞬で空に消えて何も残らないけど…。
今は勝利という結果だけが欲しいんだ。

「1-0で勝つサッカー」・「4点取られても5点取って勝つサッカー」
その間は狙えないものなのだろうか。
極端なのが福岡の特長なのだろうか。


試合前はAYUDAさん主催のファンミーティングに参加させて頂いた。
僕が一番興味があった話題は、諸々の都合でこの場所では議論できないということだったのですが、その他の色んな話題で、多くのサポーターの意見を聞くことができました。

試合後は仲間達と「ふとっぱら」にて朝の4時までアビスパ談義。
崖っぷちのこの状況で、自分達に何ができるかを模索。

はっきり言って勝ち点、残り試合数を見ても数字的に状況はかなり苦しい。
でも最後まで諦めない。
僕らが諦めたら本当に終わりだ。

kids.jpg

小さい奴からこつこつと。
我が家は背番号7の復活を待ってるぞ!


posted by マッシモ at 10:38| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アビスパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22614120

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。