2006年11月05日

天皇杯 vs京都

今日は天皇杯4回戦。
相手は京都サンガ、まがりなりにもJ1クラブ同士の対戦なのだが、本日の入場者数は1606人。
両チームともJ2に片足突っ込んでるとはいえ、ちょっとねぇ…。
去年の天理大学戦の方が入ってたような気がするぞ。

で、客が少ないことを利用し(?)試合前にオブリ新曲披露。

俺たちの街には、アビスパがある
俺たちの心に、いつも生きている
君に会うたびに、心奪われて
みんな君にハマって行くのさ


最後のオオオ〜って所が盛り上がる。
元ネタは何だろうかと話題になったけど、どうやら海外クラブからみたい。

スタメンはサテ中心のメンバーと思わせて、怪我から復帰のチヨや金古、そして北斗や誠史、ホベルトに飯尾といった面子が揃う1.5軍感漂う編成。
てっきり光平がスタメンだと思っていたので、ベンチスタートに軽くへこむ。

で、試合の方はグダグダ京都と決定力不足アビスパの強烈シナジー効果により、締まりのないJ2臭漂う展開。
さらに主審吉田の不可解ジャッジがこれに拍車をかける。
とりあえず黄紙出し過ぎ。
京都は途中から登尾が2枚目を貰い退場し、10人に。

ていうか、うちってホントに10人相手でも数的優位を感じさせないチームだよね。
10人相手に数で圧倒した怒濤の攻撃なんて見たことない気がするよ。

サクっと京都に借りを返して、リーグ戦に弾みをつけるはずが、ずるずると延長戦。
挙げ句、吉田の糞ジャッジでPK献上。(退場の帳尻合わせか?)
追い込まれるが、ホベルトの同点ゴールで勝敗はPK戦までもつれ込む。

アビスパ1人目は、やはりホベルト。
精神力の強さは折紙付きだが、残念ながらこれは止められてしまう。

しかし、これでGK神山に最大の見せ場到来。
京都2人目のキックを見事セーブ!!! しかし、主審吉田は無情にも蹴り直しを宣告。
2本目・・・これも止めた!!!!
うおっしゃーーーーーっ!!!! やったぜゴリ!!!

雨のアウェイ広島戦、スタメン出場を果たすも駒野のFK1発で敗戦。
下を向き、がっくり肩を落としながら挨拶に来た姿が忘れられなかった。
神山、今日はいい笑顔だ。

アビスパ2人目、誠史がきっちりと決める。
見てるこっちは胃がキリキリ。なんだこの緊張感。
PK戦は精神的に辛い。

3人目からは、若手組登場。
ていうか、この子達の堂々とした姿にビックリ。
全身これ肝っ玉。
若さは恐れを知らん。

北斗・城後、そして5人目のユースケまでが、思い切り良くさっくりと蹴り込む。
特に城後、実にあっさりとした表情でクールに決めたけど、狙った所にきちっと蹴れてるんだろうね。
実はユースケには不安を感じてたんやけど、何とか決めてくれて良かった。

ていうか、今はホームでは負ける気がしねぇ。
この日も、本当はもっと早くにしとめとかないかんかったんやろうけど、(PKまでいって負けてたらシャレにならんかったと思う。)勝利という結果には満足。

この流れで広島にも勝利して、降格サバイバルを生き残りたい所。
ということで、次節はみなさんも周りの人を誘って、博多の森までおこし下さい。

gori.jpg
posted by マッシモ at 19:11| 福岡 | Comment(1) | TrackBack(0) | アビスパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
濃縮さん乙です、自分も昨日の糞審判吉田には腹立ちました。まあ延長になってパウにPK決められる前に後半で勝負決めなければいけなかったんですけどね。決定力なさすぎ。でもホベルトのおかげでPKまでいき、吉田のやり直しにもめげず神山はやってくれました。少ない客だったけど、ユースケが決めた瞬間すごい歓声でした。この勢いでホーム5連勝といきましょう。森に来る審判はまともなヤツがいませんね。それでも負けないアビスパを誇りに思います。ファウルばっかりでしたね、京都のは流すくせに。ともかく前半無失点なら必ず勝てるようになったのは自信です。
Posted by いしゅ at 2006年11月05日 23:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26828909

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。