2007年01月07日

謹賀新年

2007.jpg

いやぁ、正月早々、ガンダムWの一挙放送にはまってしまいました。
ゼータ世代の僕としては放送当時、「なんだこの婦女子に媚びたガンダムは」と激しく憤りを感じたわけですが、(まぁマンダラガンダムよりは激しくマシですが。)改めて観てみると、冷めた台詞の応酬、複雑な割にはテンポよく進むストーリー展開など、おもしろくて良いですな。

そんなわけで、皆様あけましておめでとうございます。
このブログもついに4年目突入、今年も宜しくお願いします。

残念ながら、J2からのリスタートになりますが、長谷川という癌の除去手術に成功し、心機一転の小林・リティ体制には、ワクワクしています。
ていうか、リティがやたらと「川島」という、ときめきキーワードを出してくるので、否応がなく期待値は高まってしまうのですが。
今年はついに「川島 眞也」の時代到来ですよ、皆さん。
いや、時代がやっと彼に追いついて来たと言えば良いのか。

思い起こせば2003年の加入から、年々、地味に多くのアビスパサポーターを虜にしてきた川島。
(キレのあるプレーとコクのある笑顔にやられた人々はカワシマニアと呼ばれる。)
SB、CB、時にはFWとしてマルチに活躍し、(本人はCBで勝負したいらしい。)ラーメンドリブル、ラーメンフィード、ラーメンサイドチェンジ、ラーメンクロス、ラーメンタックル、そして土壇場で見せるラーメンゴールと、数々の必殺技を地味に披露。
特に2003年は右サイドの光平とWライダーばりのコンビネーションを見せてくれました。
時折見せる凡ミスは、そのラーメンスマイルで帳消し。

そして、ピッチ外ではラーメン好きとしてブログまでも発信。
また、そのファッションにも注目。(NIGOと志村けん以外にあれだけ全身エイプを着こなせる人はいません。)

しかし、昨期はFW起用時には得点という結果が出せず、川勝体制下では、最初なぜか左SBとして起用されたり、CBとしてはレギュラー定着はできず…。
今期こそ、リティ体制下での巻き返しに大きく期待。
光平とのコンビ復活を祈っています。

とかなんとか、書いてたら飛び込んで来た千代反田移籍。orz
ていうか、それなりの主力流失は覚悟してたけど、新年早々、重たいのがきたな。
しかしフロント、あいかわらず、今年も契約更改の情報は一切伝える気はないみたいで、サポーターに不安感を与えることにかけては超一流だね。
posted by マッシモ at 00:16| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アビスパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30967860

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。