2007年01月13日

千代反田と水谷

松田アビスパの守備を支え続けた2人が、揃って他チームに移籍することになった。
千代反田は新潟へ
水谷は柏へ

2003年途中から、メキメキと頭角を現し、正GKに定着した水谷。
以来、アビスパの不動の守護神として、J1昇格に大きく貢献。
昨シーズン、不振に喘ぐチームの中においても、その力を充分に発揮し、J1でもやれる選手であるということを証明。
最後方から雷鳴の如くとどろくコーチングはスタジアムを揺らし、誰もが目を覆う決定的シーンでこそ見せつける神セーブは凄まじいの一言。
反応反射音速光速。
ノリに乗った水谷からゴールを奪うことは到底無理。
何度助けられたかは数えきれません。
自分のブログを読み返してみても、「水谷に助けられた」「水谷がいなかったら…」「神様水谷」なんてのがたくさん出てきました。
また、ストイックにサッカーに打ち込む姿勢、自身のHPでの「水谷ファン」に向けてのメッセージは熱い。(多少中田ヒデを彷彿させます。)
反面、練習場では結構、声をかけづらい。(要するにツンデレ気質ですね。)
戦力としてはもちろん、愛すべきキャラクターだった水谷、何となくお別れの予感はしてましたが、こうやって正式に決まってしまうとやっぱり寂しい。
あらためて、降格クラブの悲しい現実を痛感します。
水谷、いままでありがとうございました。
一足先にJ1で待ってて下さいね。

mizutani.jpg


そして千代反田。
新潟の皆さんは一発変換できるよう、まずは単語登録しましょう。
栄光の東福岡メンバーでもある、地元出身の生え抜き選手(しかも今期は副キャプテン)がついに、クラブを去ることになりました。
入団1年目から、レギュラーとして試合に出続け、松田アビスパの申し子として、4年間守備陣を支え続けた千代。
共に昇格の喜び、降格の屈辱を味わった千代。
サポーターの期待も大きかった選手でしたし、背番号5のレプリカを付けた人をスタジアムで見かけることも多かった。
「そこに行けばいつも会える顔が突然いなくなるのはどうしようも無く寂しい事」
SOUND OF DRUMSの中の人が書いてた言葉は本当にその通り。
うちには他の選手に撮らせてもらった写真はたくさんあるのに、千代のだけはいくら探してもない。
それは、雁ノ巣でいつも千代は、多くのファンやサポーターに囲まれていたから。
千代はいつまでもアビスパにいてくれるから、写真なんていつでも撮れる位に思ってたけど、そうもいかなかった。
裏切り行為的なことを言う人もいるかもしれんけど、サッカー選手ってのは移籍するのが当たり前だからね。
ましてやうちは降格クラブ。
自身の年齢のこと、これからの人生のこと、今までアビスパの為に力を尽くしてくれたことを思えば、さっぱり送り出してやれるはず。
千代、新潟でも頑張れ。

薮田が横浜FC、吉村が横浜FMなど、戦力外通告を受けた選手達も少しずつ、次のクラブが見つかってきてるようで安心。
特に薮田はJ1クラブに決まってくれて良かった。
一時期、噂のあった鳥栖なんかに行かれた日にはどうしようかとおもったよ。

そして、最も嬉しかったのが長野聡の復帰のニュース。
昨シーズン、多くのサポーターを失望させ、僕がフロントに不信感を抱くきっかけになった、東京Vへのレンタル移籍。
長谷川が駆除された今、聡は福岡に帰ってきてくれるのか?
待ち続けた吉報がやっとリリースされました。
千代がいなくなった今、その跡継ぎとして、福大卒、地元出身生え抜きの聡の活躍に来期は期待します。

nagano1.jpg


ああ、早く他のみんなの去就も決まりますように。
ところで、噂のオージーはいったいどうなってんだろうか。

写真は2枚とも2005年1月雁ノ巣にて
posted by マッシモ at 19:12| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アビスパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31351741

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。