2007年02月25日

TRM札幌戦

土曜日はTRM札幌戦を見に、博多の森陸上競技場へ。
陸上競技場を訪れるのは、2003年の湘南戦以来かな。
まだ、いつものメンバーの誰とも友達になってない時期だ。(笑)

ピッチ上に選手が登場、急ぎメンバーを確認。
結局、今年は宮崎には行けなかったし、動いてる選手達を見るのは久し振り。
川島は…いる。
亨ちゃんは…いる。
光平は、光平は…光平がいない!!Σ(゚д゚lll)ガーン
残念、島原組かと肩を落とす嫁。(´・ω・`)
他にも、クギであったりナギであったり、お目当ての選手が島原組だった方々は皆残念そう。
うーん、事前にメンバー公開するわけにもいかんし、こればっかりはしょうがないのかな。

そしてこの日の試合、一言でいうと新戦力であるチェッコリのお披露目、プロモーション。
我々サポーターに、まざまざとその実力を見せつけてくれました。
まだまだ連携は低いですけど、安定感ある守備、オージーらしい強靭なフィジカル、正確なキック、そしてロングスローのオプション。
long-throw.jpg
サインプレーから初ゴールをアシスト。

ええい、連邦の白いやつは化け物か!

やっぱ最初は、あのホベルトを解雇してまで獲得した選手ですから、いつもと違う8番にやっぱ複雑な感情はあるわけですよ。
お手並み拝見というか、どんだけやれんだよ?的なちょっと嫌な思いなんだけど、そういう悪感情を一刀両断にされましたよ。
なんか、思いが吹っ切れたというか、ごめんなさいチェッコリ。
交替時には、会場全体から大きな拍手があがってました。

スコアの方は1-1で結局ドローで終わったんですけど、まぁ後半は外国人がピッチに4人いたり、ユースの子が入ったりしてたんで、あまり参考にはならんでしょう。
フィニッシュまで持っていけなかったり、ハファエルとリンコンもいまいち他と噛みあってなかったり、札幌の方が声が出てたりと気になる点もありましたが、ごちゃごちゃいっても開幕はすごそこ。
腹をくくっていきましょう。
キャプテンマークが凛々しい俺達の川島は終始安定したプレーを見せてくれ、めちゃくちゃ頼もしかったです。
亨ちゃんもお疲れ。
:
posted by マッシモ at 21:38| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | アビスパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34666226

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。