2007年05月20日

博多の森蹂躙! vs鳥栖

ダービー相手の鳥栖に負けたことに怒っているんじゃないんだ。(それはまた別の感情。)

J1復帰を必達目標としているチームがホームで2試合連続の逆転負け。
加えて、試合内容は先週のデジャヴ。
後半15分からは京都戦のリプレイを見ているようで、前節の反省が何も活かされておらず、同じ失敗を繰り返した。
僕はそこに怒っているんだ。
連敗はいかん、同じ失敗を2度したらいかん。
次、露骨に客が減ると思う。

職場で口酸っぱく言われる「PDCA」という言葉があるんやけど、

Plan(目標達成に向け計画を立て)→Do(着実に実行し)→Check(得られた結果をしっかり分析した上で)→Action(改善・向上に必要な措置を実行)

仕事でも勉強でもなんでも、日々このサイクルをきちんと廻すことが大事だと思うわけなのですよ。
もちろん「1年でのJ1復帰」という必達目標を掲げるアビスパにもこれは当てはまるわけで、全48節、毎試合毎にこのサイクルを地道にきちんと廻していかないかんと思うわけです。
簡単に言うとリティは同じ失敗を繰り返すなということ。
「PDCA」の特に「C」と「A」が欠如してないかい?と、彼の修正能力に疑問符がつく今節でした。
ちなみにこの「PDCA」の欠如は無計画で衝動的行動が伝統のアビスパフロントにも大いに当てはまるのです。

・前節同様、変わりばえのないスタメン構成(あんだけ大量失点したにも関わらず。長野や柳楽や六反の立場は?)
・前節同様、シュートで終われず、敵のカウンター攻撃の基になってしまう攻撃陣。(シュートは打たんと入りません。)
・前節同様、後半15分過ぎから運動量が落ち始め、間延びする中盤。(目下一番の大問題)
・前節同様、失点した途端、気持ちが切れてミスを連発するDF陣。(落ち着け!)
・前節同様、徹底マークで何もできないアレックス。(SBに戻せば?)
・前節同様、攻撃力が全く活かされない久永のSB。(アレと入れ替えて前目で使えよ!)
・前節同様、全く意味のないショートコーナー。(1回も成功したことないやん。)
・前節同様、明らかに遅いし、不可解な選手交替。(林投入遅っ! そして大塚君の存在意味は?)

これら何一つ改善されておらず。
相手チームは後半、うちのガソリンが切れた所をカウンター狙いで素早い攻撃を仕掛ければ、簡単にシュートまでいけるわけで…。
そりゃ、失点するだろう。
あんな結果にもなるだろう。

次は中3日でアウェイ東京V戦。
ちなみに久藤は出停です。
泥沼の3連敗か、課題を克服し、浮上のきっかけを掴むのか?
鍵を握るのは、やっぱりリティ、それとベンチやサテで燻ってる選手達だと思います。
もし、人の入れ替えもシステムの変更もなく臨むのならば、自分はちょっと嫌な結果を予想してしまう。
リティサッカー、ここが試金石だと思うので、見事立て直してほしいものです。
posted by マッシモ at 11:13| 福岡 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | アビスパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リティは名選手でしたが、名監督ではありません。同じ失敗、それも、前節、気づいていたのに、修正できないし、選手もいつも同じ、なぜですかね?ホベルトをすててまで、リティをとった意味が・・ないですね。緑のチームと赤黒のチームに連敗したら、監督替えようよ。
Posted by お菓子おじさん at 2007年05月21日 22:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42315871

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。