2005年09月18日

J1第24節 大分VS名古屋

KKウイングはシーズン前のTM浦和戦以来で、今回は道に迷う事もなくキックオフ3時間前に無事到着。
しかし、この時間で既に駐車場は大分ナンバーで埋め尽くされつつありビックリ。
早めに家を出て正解でした。
ココって陸上競技用のトラックがあるのを除けば、ちゃんと屋根はあるし、キレイだし、オーロラビジョンだしで良いスタジアムだよね。
アウェイ側のサポーター席に着くと、そこには、明らかにネイビー仕様のこの方この方この方々の姿があり、明らかに博多の森で見た事がある方々が何人も…。
みんな、やっぱりマスのことが大好きなんだね。

そして名古屋の選手達が登場、次々とサインボールを投げ込み始めた。
熊本まで足を運んでくれたサポーターに感謝の気持ちを込めたであろうサインボール。
しかし、なぜかそれをゲットしてしまう福岡サポーターが約3名。
残念ながらそのうちの1名は身内でした。
気づいたら嫁、杉本恵太のサインボールを手に入れてました。
杉本と言えば、前節柏戦で、ものすごいドリブルからのゴールを決めたあの男。
マスのせいで、今年は名古屋の試合も何度もテレビ観戦してるんだけど、前から気になってた選手。
ボールは大事に飾らせて頂きます。
ちなみに僕は名古屋では、秘かに角田の荒々しさが好きです。
それにしても相思相愛、見事マスのボールをゲットしたKING氏はさすがと言えます。
そして、某国代表のボールを手に電撃トレードを申し込みに来たおーちゃん…笑わせて頂きました。

試合の方は前半は名古屋ペース、マスも得意のロングフィードで魅せてくれたり、高松・マグノ相手に奮闘。
しかし後半、先制を許すと試合の流れは徐々に大分に。
マスもマグノに完全に追いていかれたり、パスミスで俊哉兄さんに怒られたりしていた。(ように見えた。)
そしてカウンターからいい形を何度も作られ、最後はマグノに2点目を決められ意気消沈。
低迷する順位、監督交替、そして経営問題と最近続く暗いニュースを振り払うかのようにサポ−ターと選手が一丸となって戦う大分とタレントは多いのに万年中位と評される名古屋との気持ちの差が出た試合だったような。
でも普段J2を見てる僕等にとって、久し振りのJ1はやっぱり刺激的。
つまらないパスミスはないし、激しいあたりにもFWは簡単には倒れんし、外国人選手のトラップは磁石のよう。
こんな奴等と来年は戦うのかと思うと、激しく武者震いが…。
「絶対今年、昇格しなきゃ。」「来年絶対、マスと博多の森で戦おう。」と思いを新たにしましたよ。

試合終了後、サポーターに挨拶もせず、さっさと引き上げるルイゾンを尻目に、中村直志と共にきちんと顔を上げて真っ先に挨拶に来たマス。
こういう真摯な態度は変わってないし、彼の魅力。
マス、九州凱旋は残念な結果に終わったけど、心配すんな。
来年は、博多の森で九州のファンに成長した姿を見せつけろ! 代表にも選ばれろ!
そしてJ1で待ってるマスの為にも、今日の札幌戦、頑張れアビスパ!!




grampus.jpgmasu&keita.jpg
grampus2.jpgNo-10.jpg


posted by マッシモ at 13:39| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7051652

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。